お役たちコラムお役たちコラム

お店の変え時について
2020/07/16

今回はお店の変え時ついてお話ししようと思います。 

お店の変え時の基準ってなかなか難しいと思います。 

他により良い店舗があるのかなんてあまりよくわからないし、今のお店より稼げなくなったら不安というのもあると思います。 

今回はお店を変えた方がいいのかどうか迷ったときの正しい考え方について伝え、お店を変えたけど前のお店の方が良かった、、という事態にならないように話をしようと思います。 

今、お店を変えるかどうかで悩んでる方は是非読んでみてください。 


まず 

【なぜ自分がお店を変えたいと思っているのか】 

を明確にしましょう。 

・稼ぎが悪い 
・客層が合わない 
・お店のカラーと合ってない気がする 
・店員さんが変わってから嫌になった 
・お店から明らか干されている気がする 

こういった感じでまずは自分がなぜお店を変えたいと思っているのかを洗い出すのです。 

洗い出したら次に 

【それはお店を変えることで解決する問題なのか】 

について考えます。 

例えばよくあるのが「ネットがなかなか鳴らない」という問題です。 

実際には、その子の写メ日記がうまくなくてお客さんが離脱していたり、宣材写真を撮り直したらアクセス数が改善したというのはよくある話です。 

これらの場合はお店ではなく、自分自身の「見せ方」の問題が原因だという事に気づきます。 

なのでそこを知らずにお店を変えたとしても、また同じ問題を移籍先で繰り返しかねないのです。 

逆にこれは明らかにお店を変えた方が良さそうというケースもあります。 

例えば、自分はマットが得意で明らかにお仕事系のお店の方が自分のカラーを生かせるはずなのに、ロリの素人店に流行っているからという理由だけで入店してしまった。実際やり方が合わなくて苦労している、、 

こういった場合は、「お仕事系のお店を探してそこに入店する」といった具体的なアクションが決まっているので、そういったお店に変えた方がうまくいくでしょう。 

それと、よくあるのが高級店ではお茶ばかり引いていたけど、中級店や大衆店に下げたことで稼ぎが倍になった。 

という話です。 

こういった場合は、「自分は高いお店は向いていなかった」という原因が分かっているので、単価を下げ、かつ自分のカラーに合ってそうなお店を選ぶ事で解決します。 

このように、自分がなぜ稼げていないのか、お店を変える理由が明確である場合はお店を変えた方がいいと言えるでしょう。 

そうではなくなんの分析もせずに、「ただ稼ぎが下がったから変えたい。」というのだと、お店を転々とする原因にもなります。 

転々とすると、いつまでたっても自分のお客さんというのが固定でできないので、稼ぎを安定させることが難しくなってきます。 

それに、自分にあったお店の数というのは実際はそこまで数多いわけではありません。 

なのでまずは、自分とお店の両方を分析してからお店を変えた方がいいのか考える必要があるのです。 

もし、自分が今のお店を変えた方がいいのかわからなくて困っているという場合には、お気軽にお問い合わせいただければと思います。